脱オタクファッションガイド |久世 /トレンド・プロ /晴瀬 ひろき

脱オタクファッションガイド脱オタクファッションガイド
久世 /トレンド・プロ /晴瀬 ひろき
オーム社 刊
発売日 2005-10-26




さぁ、おしゃれへの一歩を踏み出そう! 2006-08-30
「俺はおしゃれな男に変わりたいのだ!」

感度ゼロから始めるファッション入門。



タイトルからは、オタクを揶揄したネタ本かと思いましたが、内容は非常に真面目で実践的です。しかも、流行の最先端を追い求めるのではなく、あくまで普通に違和感なく、さりげないおしゃれを目指すという点が、商業主義的なファッション雑誌やコアなファッションオタク本とは一線を画していて好印象です。



オタクファッションがなぜ「違和感がある」のか?それは、オタクが一般的に周囲の状況や流行に無関心であることから、親の買ってくる服(流行遅れ)やその辺で適当に買った安いもの(品質が悪かったり、サイズが合わない)で間に合わせたり、実用本位(見た目は無視)や勘違い(キメ過ぎ、自己陶酔)で服を選んでいるから。本書は、オタクを否定するのではなく、ちょっと視野を拡げるだけで、ファッションセンスはぐっとよくなることを教えてくれる。



本という媒体の制約から、本書に書かれたことは、既に流行の最先端ではないかもしれない。でも、本書の通り実践すればオタクファッションに比べれば天と地の開きがある、十分爽やかでおしゃれな男になることはできる。まずは一歩を踏み出すこと。そのためには本書は最適なガイドであるといえる。



オタクの人も、オタクではないがファッションにあまり興味がなかった僕のような人間も、ちょっとした工夫でファッションが楽しくなる。そんなきっかけになる本。大おすすめです。



なお、月並みな展開ながらマンガのストーリーは泣けました。絵もかわいいし、オタクネタもつまっているので純粋に楽しめます。

助かってます 2006-08-26
私はゆるいオタクですが

正直、この本にはめちゃめちゃ助けられてます・・



自分ではそこそこおしゃれだと思っていた自分は

とんだ勘違いだと気づかされました・・



この本で紹介されている服を少しづつ集めて

自信をつけていこうと思います。





絵もかわいらしく、漫画も程々に面白く

この漫画のオタクたちのように

自分も垢抜けたいという気持ちにさせられます。





でもこの本のタイトルはちょっと買うのはずかしかった・・

基本的な事を押さえるにはよい本 2006-05-03
ファッションに関してあまり知識のない人が、入門書として読むというのがいいと思います。本の内容に関して「内容が古い」「今はやってはいけないのが多い」というレビューもありますが、あくまで基本、入門という視点で見れば、役に立つものの方が多いです。ファッション雑誌自体、編集者やアパレル業界の意向が強く反映された、実際にやったらまずいでしょっていう内容はいっぱいあるのですから。中のマンガのラストで「おしゃれの目的は?自分を変えたいって気持ちが大切」ってせりふがありますが、今までよりファッションにちょっと気を遣って、周りから「それいいね」って言われる事がまず第一歩。それでちょっとでも自信が持てたら更にいろんな意味で自分を変えていけるのでは?


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

江戸の性愛術 |渡辺 信一郎

江戸の性愛術江戸の性愛術
渡辺 信一郎
新潮社 刊
発売日 2006-05-24




こんな本が出てよいのかと、思わず唸ってしまう 2006-08-18
大胆かつ直截な題名に惹かれて、頁を繰ると性器図や枕絵のオンパレード。立ち読みもままならず、手っ取り早く購入。中身は江戸文化に精通した元都立深川校長の執筆で、予想に反し、文章にいやらしさが無く、素直に読み切れる。古川柳の引用などもあり、淡々とした筆の中にユーモアもあり、情景を思い浮かべ思わず含み笑いする。体位を想像して無意識の内に、身をひねったりしてしまうので、通勤途上の読書は止めた方が良い。周囲から不審の目で見られること間違いなし。

真面目に書かれた本だということはわかっていてもニヤニヤしてしまうのは、自分が俗物だからか… 2006-07-23
「おさめかまいじょう」は遊女屋の主人が書き記した、遊女に対する性技指南書である。今でいう接客マニュアルにあたるのだろう。あくまでマニュアルなので文章自体は淡々としているのだが、細部に渡って記されたそのテクニックには唸ってしまう。門外不出の書だったそうだが、「どうやって男だけをいかせるのか」という内容を考えればそれも頷ける。



本書はこの「おさめかまいじょう」を真面目に解説したものが大部分を占めるのだが、これが非常に面白い。真面目に書かれた本なので襟を正して読まなければならないのかもしれないが、リアルすぎて笑ってしまう。



そして、興味が先走ってページを捲る指が止まらずあっという間に読み終えたのだが、文章を読んでニヤニヤ、春画を眺めてニヤニヤしている姿は決して他人には見せられないものだったに違いない。



現代の性風俗もあと100年も経った時には、「平成文化」として研究されることになるのだろうか。その日が来ることを楽しみに、長生きしなければなるまい。



めちゃくちゃ面白いのだが、読む場所に困る。 2006-06-24
まず冒頭の遊女性技指南書「おさめかまいじょう」の詳細解説に度肝を抜かれる。遊女としてよい性器、悪い性器、イラストつきでドドーン。男のタイプ別イカせ方。



体位研究など実に真摯に快楽をもとめた江戸の性風俗を緻密に追う・・・豊富な春画付きで。むさぼるように読んでしまったが、実際のところ読む場所に困った。



自宅で腰を落ち着けて読むものじゃなし、さりとて電車の中で読むには全ページ満載の春画が気になる。



結局、カバーをかけ、電車の中で横のひとに見えないよう注意深く開けて読んだ次第。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

女が歓ぶ「口説き」の法則―女が「ノー」と言えなくなる心理 |志賀 貢

女が歓ぶ「口説き」の法則―女が「ノー」と言えなくなる心理
志賀 貢
三笠書房 刊
発売日 2000-10




無言のサイン 2005-09-25
「女の無言のOKサインを読む」として,8つの説明があります。
確かにそう言われればそうだなと思って,記憶しておきました。
先日,女性がその中のある仕草をしたので,
「これは!」と思って誘ったら,うまくいきました。
まだ会って間もない間柄だったので,この本を読んでなかったら,
当然,そんな行為に及ばなかったでしょう。
その内,「鈍感な奴」と思われて,嫌われていたかも知れません。
女性のサインに気づくのも,男の重要な役目かもしれませんね。

即、買うべし! 2003-06-26
さすが医学博士が書いた本だけあって、理解しにくいオンナのこころが見事に解剖されている。これは平成の恋の解体新書といえよう。
この本は買って絶対後悔させない、口説きのバイブルといっても過言ではない。
オンナを生理面から的確にえぐったそのテクニックは心憎いばかりか、オトコの美学まで感じさせてしまう。
単なる友達関係からおとなの恋へのプロセスは実践的・具体的で、巷にあふれる指南書の中で、納得できるお薦めできる逸品の攻略本といえよう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

性感マッサージ愛撫の本 |アダム徳永

性感マッサージ愛撫の本性感マッサージ愛撫の本
アダム徳永
データハウス 刊
発売日 2003-06




「バイブル」と崇める前に… 2006-09-07
参考になるところがいくつかあり、実際、楽しい夜を過ごすことが出来、役に立ちました。

「エロネタ本」な割には内容がクソ真面目なところも、面白いなと思いました。



でもやっぱり、言ってることが大げさすぎるというか…

本当のセックスは2、3時間は当たり前だそうですが、普段の付き合いや生活の中できちんと心が通っていれば、30分のセックスだって充分嬉しいと思うけどなぁ。カミさんに失神して欲しいとも思わないし。

それに、いちいち理論や理屈や正しい手順を考えながらのセックスなんて、楽しいですか?っていう話。



ということで素人童貞のみなさん、これ読んで頭でっかちにならないように気をつけましょう。

奥さんや恋人の居る普通の男性は、「面白いエロねた本」程度だと思ってください。

魔法のようなセックス本!! 2006-03-29
この本の中で最も価値ある情報は、おそらく「アダムタッチ」でしょう。女性の性感を引き出す、究極の愛撫法だと思います。実際彼女に(何も言わずに)試してみました。「セックスが終わってしばらくしてから身体を見ると、触ったところ(肌)がしっとりと潤ってきて、魔法の手だと思った」そうです。まさに性感マッサージ愛撫の効果が現れたのだと思います。また、彼女は肌を触られると鳥肌が立ってしまうという悩みを抱えていたのですが、アダムタッチを施していくとそれが解消されました。快感のレベルも強く、深くなったそうで、すっかりセックス好きの女性に変わりました。昔は「夜は苦手だ」と漏らしていましたが、今は休日に何度も求めてくるほどセックスに積極的で、正直驚いています。

ひとつの参考には 2005-07-03
AVを見慣れてしまうとそのやり方をそのまま応用してしまいがちですが、女性の立場からみればそれはけっして気持ちのいいものではないのかも知れないということを考えさせられました。ただ一人一人感じ方が違うようにフェザータッチがいい人もいれば少し強めほうがいい人もいると思いますので、これもひとつの参考にするぐらいで読まれた方がいいと思います。あともう少し図解があれば理解度も深まると思いますが。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

オーガズムマッサージ |アダム徳永

オーガズムマッサージオーガズムマッサージ
アダム徳永
データハウス 刊
発売日 2005-04




人生の分岐点。 2005-06-27
「氏のDVD」と「この本」を手に入れた時点で、「氏の存在を知らない人達」と「氏の存在に気づいた人達」との間に「埋めようの無い、絶望的な溝・格差」が生じるのは必然である。
本書とDVD(できれば著者の実技指導の受講が望ましい)により、「世界屈指の技術」を知ることはできた。
あとは我々の、
パートナーを「思いやる心」と「愛しむ心」が伴えば、万事「過不足無し」である。

かなり、施術者向き 2005-06-12
 わたくし、アロマセラピストを生業としている者なんですが、この本を読んで吃驚致しました。セクシュアルな手技を、ここまで赤裸々に書かれた書籍がいままであったでしょうか?
 中でも圧巻なのは、女性器内部の愛撫法。図解で、今までその位置がなかなか分からなかったGスポットについて、詳しく説明がなされています。かなり、マニアック。かなり、施術者向きの一冊。
 セクシュアルなオイルトリートメント手技の教本、と言うだけではなく、随所にアダム徳永のセックス哲学がちりばめてあり、この考えの下に「アダムタッチ」をせねば意味がないのですね。
 性感マッサージをしたいひとには必読書だと思います。

カップルで読んでほしいです。 2005-05-02
男性の方は是非これを読んで自分のプレイを見直して見て欲しいです。挿入だけがセックスではないです。
女性は痛かったり、不快に思ってもなかなか言い出せない人が多いようなので、まさかこんなので気持ちいいのか?
と思ってもだまされたと思ってやってみて下さい。ソフトタッチってゾクってくるものがあるものです。
人によって感覚はさまざまだとは思いますが、マッサージしてもらうのってとっても気持ち良いものです。
男性→女性、女性→男性、お互いにマッサージしあうのも楽しいと思います。
カップルでいろいろ試してよりよい関係になれたらいいですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

SEX結合!190のアドバイス |辰見 拓郎 /三井 京子

SEX結合!190のアドバイスSEX結合!190のアドバイス
辰見 拓郎 /三井 京子
データハウス 刊
発売日 2003-11




いまいちかな?? 2005-01-21
普段のセックスに飽きて、違うセックスを楽しみたいと思い
購入してみました。
この本は女性の体を知らない、またはセックス体験少ない男性が読む本みたいなカンジでした。
女性の体のこと図で詳しく説明してあり、知っていて損はない本だと思います。

絵がやらしい 2004-08-26
説明に使われている絵がすごくHです。↑はもちろん○、それに子宮の中まで描かれていて、↑の先っぽが子宮口を刺激するところが良くわかります。
女性とはこうやって感じるんだ、本当に貪欲なんだなあ、とつくづく感じました。つまり、この本のすごいところは、あくまで助平な女の視点(三井京子)からたっぷり語られていることです。女の感じることが満載です。そういった意味では巷の類書に比べてはるかに役立ちます。今度風俗にいったらこの本片手に是非試してみては如何?

簡単、実践で彼女も大喜び!! 2004-07-04
 この本は、彼女を快感に導きたい男性にはオススメです!!今まで、性技テクニックの本を色々読みました。殆どの本が挿入前の性技について詳しく書かれていて、実践して成果もありました。ただ、この本のように挿入後のテクニックが詳しく、男性、女性の経験者(プレイする方と、される方)の立場から書かれている本は初めてで大変、参考になりました。    男性諸君は必見の価値ありだと思いま〜す。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史 |パトリック・マシアス

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
パトリック・マシアス
太田出版 刊
発売日 2006-08-09




『USAカニバケツ』オタク・ヴァージョン 2006-08-31
 ムチャクチャ面白い。傑作。

 つい先日、草薙某の『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか』を読んで、情報は詰まっているけれど本質的なところには手を突っ込まない、どっかのシンクタンクのレポートみたいなヌルい内容に欲求不満を募らせていた。で、もっとナマな現場の空気に触れられるかと、本書に手を出したワケだ。

 実は本の現物が手元に届くまで、町山智浩の著作と思い込んでいた(町山の本なら面白いだろう…)。表紙に「パトリック・マシアス著、町山智浩編・訳」とあるのを見つけてショックを受けたのだが、気落ちしつつページを開いたら、後はもうジェットコースターに乗ったみたいなモンだった。

 「あとがき」で著者は町山との関係の一端に触れている。そこから推測するに、町山は著者の原文にかなり手を入れ、いわゆる「超訳」しているのではないか。とにかく日本語がイキイキしていて、町山本人の筆遣いを感じさせる。

 「はじめに」で著者は、海外のオタクたちが日本のオタク文化に惹きつけられるキッカケとか背景について考察している。その一方、本文は「はじめに」の打ち出している解釈の枠内に留まるものでは全然なくて、むしろそんな内省をブチ壊すようなパワーに溢れている。「オタク・イン・USA」の姿をイキイキと描き出すことで、米国が抱え込む人種・階層・地域、その他さまざまな文化・社会的多様性を炙り出しながら、同時にそこに普遍的なものを見出していくという軽やかな批評性も、町山の『USAカニバケツ』その他をホーフツとさせた。

LAST OTAKU IN USA 2006-08-23
パトリックが主演して、映画を作ってもらいたい。

"Nerd" "Geek" "Otaku"の違いについて、分かりやすく解説しています。

師匠の町山智浩の著作をよんでも、その違いについて分かりませんでしたが、その点アメリカ人自身の認識といふものを提示してくれている。

文体は、師匠そのものですが、訳している人が師匠ですら、時々、町山智浩自身の著作じゃないかと、錯覚をしてしまう。

アメリカ人にも“萌え”が理解できると、証明した点は作品の一番重要な点ではないかとおもいます。

でも、Otakuからのオタクになるには『ゲゲゲの鬼太郎』を理解出来たときに初めて、日本の漫画を理解したと言えるののじゃないかな。





すごい容量のアメリカンボーイ・ミーツ・オタク全史 2006-08-21
70年代生まれのアメリカの少年が、立派なボンクラ・オタク青年になった。彼の半生とオーバーラップして語られる、アメリカン・オタク・カルチャーの歴史。

本書には、ゴジラ、ウルトラマン、宇宙戦艦ヤマト、マクロス、ガッチャマン、子連れ狼、島田陽子のショーグンなどの古典的なオタクコンテンツがいかにしてアメリカに侵入し、彼の地のオタクたちがそれらをいかにして解読していったか(解読が必要なほど歪曲されてたのです)、そして今、彼らがどれほどオタク文化に熱中しているかが、現在進行形のレポートでまとめられています。

そう、細かく項目分けされた本書は、時々時制が2004になったりするんでちょっと混乱するんです。「フィギュア王」「映画秘宝」などに連載されたものに大幅加筆したらしい。でも、それが良い意味でライヴ感を出している。こうして日本で翻訳が読まれている間にも、アメリカンヲタの間では熱心に研究やら消費やらが進んでいることでしょう。その模様はcosplay.コムなどでリアルタイムで確認できます。



怒濤のように流れるオタク市場の変化についてゆけず、足を洗って久しい私ですが、「興味を持ったものを徹底的に調べる」「欲望し、渇仰するものに忠実である」というオタク原理主義的な生き方はやはり素晴らしいと思う。てんこ盛りすぎて腹一杯になる本書ですが、青春の血がたぎる一冊です。アメリカのポップカルチャー好きにも読んでもらいたい。ポップというよりトラッシュかもしれんが、その分正直とゆーか。贋外国人の書いた日本論なんかをありがたがるより、こういう人の本をちゃんと読むほうが、日本の国益になると思うな。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル |ニール・ストラウス

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブルザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル
ニール・ストラウス
アーティストハウスパブリッシャーズ 刊
発売日 2006-05-19




使えると思う 2006-08-18
期待しつつも購入にはやや躊躇。

でも『仮につまらなくても、損は知れてる』と思い購入。



結論から言うと、使えると思う。

「出合って7時間でうんぬん」

「家に誘うにはうんぬん」

というのを意識したところ、1週間か2週間で2度成功にマジびっくり!!



本の内容は、

最初はよくわからない冒頭に始まり、

序盤・中盤はテクニックを紹介するドラマ、

後半はなんか映画スターなんかも出てくるただのドラマ(?!)、

最後は主人公が『自分が本当に必要なものは何か』

というのに気づく。



みんなが読んで、テクニックが広まりすぎたらどうしよう…。

とか思ったけど、そこまでいかないだろうからレビューを書いてみました。















トレインスポッティング 2006-07-21
 久々に面白い本を読みました。アマゾンからこの本が届いてから24時間後にはこの本を読み終えていました。眠れません、はっきり言って。

 何となくトレインズポッティングに似ている気がします。文体とかそういったことではなくて、本質的なダメさというか何ていうか。

 周りの人にお勧めしたいけどさすがに無理でした。「面白い本があったんだって〜」とまでは言っても題名を言うって調べられたら…と思うと詳細は話せませんでした。

 でもこの本がたくさんの人に読まれないのは間違ってると私は思います。確実に面白いと断言できます。帯とかは恥ずかしいから捨てちゃってください。



本当に面白いです!

マニュアル本かと思ったら…… 2006-06-21
「一週間でモテる男になれる」と書いてあるもんだからマニュアル本なのかと思ったら、ちゃんとしっかりした文芸作品。ただ、著者の狙いとして「マニュアル本としても読める」というのがこの本のいちばん大きな特徴だと思う。目新しくて面白い。

 

 ストーリーは、どうしても女の子と仲良くなることができずに大人になってしまった主人公が、そのコンプレックスを克服するために、たまたま出会ったネット上のナンパ・コミュニティに入る。そこで、さまざまなナンパ・テクニックを身につけていくうちに、彼はナンパ界のスーパースターになってゆく。だが「手に入れたい女をいつでも手に入れられる」という、かつての理想ともいえる境地に達してみると、そこで彼が感じるのは、むなしさだけだった……。

 とでもいうところでしょうか。登場するほかのナンパ師たちのキャラクターも面白いし、なにより、これが実話だというのがすごいです! ご一読あれ!


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

確実に女をオトす法則 |トニー クリンク

確実に女をオトす法則確実に女をオトす法則
トニー クリンク
主婦の友社 刊
発売日 2005-06




人に教えたくないって思うような本 2005-10-14
まずこの本の表紙がカッコ悪いということはある意味幸運なことだったかもしれない。というのは、もし表紙もセンス良ければ色々な人が読んでしまうから。中身は外国人が書いた外国人向けの本なんだけど、お手本となるナンパ師の中には東京で活動している人も紹介したりなかなか色々な意味で視野が広い本。冒頭は少し哲学的な内容というか、人生の目的などについて語り出している(笑)。最初は吸い込まれるように読んでしまうが、途中には参考にならない情報ももちろんある。でも他のナンパ本に比べても確実にポイントを抑えている良質な本だと言えるだろう。例えば「女が視界に入ったら3秒以内で決断しろ」とか、基本を教えるのが上手い。読んだあとはやっぱり自分自身も良くなると思う。ということで5つ星!

基本に忠実に、でも大胆に 2005-08-24
〜コミュニケーションものの本を何冊か読みましたがやはり基本は一緒。ただし獲物が女性となると当然モチベーションは違ってくるもの。ひとりの女性をじっくり落とすというより多くの女性により多く当たれというメッセージを受け取った感じです。例文などは少し欧米風。ただやはり相手との距離をつめる基本的なことは書かれているので、女性相手だけでなくいか〜〜なるシーンにも応用は可能だと思います。僕はこれを読んで少しだけ携帯のメモリーが増えました。〜

表紙がなあ・・ 2005-07-23
表紙はださいが、中身はいい。
モテる技術のグダグダのながい失敗例などがなく、エッセンスが載っている気がする。ただそうは言っても、作者が違えば内容も少しは違うわけで、こちらは乗せるのがうまい文章を書く。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

ハチドリのひとしずく いま、私にできること

ハチドリのひとしずく いま、私にできることハチドリのひとしずく いま、私にできること

光文社 刊
発売日 2005-11-22




当たり前のことが心に響く 2006-09-07
選挙の一票一票が

残飯のひとつぶひとつぶが

路上に捨てるタバコの一本一本が



1つ1つの重要さは耳にたこができるくらいに子供の頃から聞いています。麻痺しているといってよい。すでにそういうフレーズでは心が動きませんから



そんな麻痺した心でも揺り動かしてくれる一冊です

そんな事は意味のない事 2006-08-28
最近はそんな事は意味のない事と片付けてしまうような人をいかにムーブメントの中に取り込んでいくにはどうしたらいいかを考えるようになりました。妄想ですが。



既出ですが、例えばスタバのカップのように。私はあのカップを、特に環境のことを第一に意識して買ったわけではなくて、とても素敵だったので買いました。

「ひとしずく」で終わらせないために。 2006-08-24
1匹のハチドリではひとしずくの水でも、1000匹ならばコップ1杯の水となるでしょう。

より多くのハチドリが協力すればコップ1杯の水がバケツ1杯の水となり、

お風呂1杯の水となり、プール1杯の水となり、水は霧雨になり、

最後には土砂降りの雨となるでしょう。

森の動物達が協力すればより効果は上がるでしょう。

この「寓話」は環境問題の解決には多くの人の協力が必要という「寓意」を勿論持っています。

環境問題に無関心な人が多い中で本書は文字通り「ハチドリのひとしずく」でしょう。

本書を「ひとしずく」で終わらせないために私たち1人1人が何が出来るのか。

本書はそう問いかけているように感じました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 流行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。